自動車の扱いは病気によっては禁止されていることもある

サイトメニュー

精神・心療内科に聞こう

診察室

判断はプロにしてもらうこと

うつ病といえば、一日中ずっと気分が落ち込んでしまう病気だと認識する方もいるでしょう。たしかに、それが一番有名ですが、朝や夜のみなど決まったタイミングで症状が起こるものもあります。そのため、普段は大丈夫でも時間帯などの要因で気分落ち込んでしまうのなら、うつ病かもしれないのできちんとドクターに診察を受けるようにしましょう。精神・心療内科のドクターなら詳しいため、どのような種類のものなのか正しく判断をしてくれます。なお、うつ病の種類によって、自動車や重機などの運転ができなくなるわけではありません。うつ病であっても軽い症状ならば運転するのに支障はありませんが、症状が重いのなら運転に支障がでます。そのため、うつ病にかかっていると感じているのなら、種類を気にするのではなく、症状の重いか軽いかを気にしたうえで運転をしても大丈夫なのか判断をしましょう。ただし、自己判断では間違っている可能性があるので、精神・心療内科の専門家に教えてもらうことを強く推奨します。

自動車や重機の運転を職業としている方が、うつ病かもしれないと考えているのなら、いち早く精神・心療内科のドクターに診てもらいましょう。うつ病ならば大きなアクシデントを起こしてしまう可能性があるので、人生を狂わせないためにもきちんと診てもらうべきです。不安なまま仕事をしていると、うつ病の症状が進んでしまって、日常生活にも支障がでる可能性だってあるのです。本来ならば運転を中止しなくてもよいうつ病の症状でも、進んでしまったことによって、中止せざるを得なくなるケースもあるので気をつけましょう。なお、もしも本当にうつ病だった場合は、ドクターに診断書を書いてもらえれば仕事を休めるかもしれません。どうしても働けない状態だというのなら、休職して心の状態を回復させることも考えてみましょう。傷病手当金という制度を利用すれば、ある程度の収入を得られる状態でしばらく休職できるようになります。傷病手当金をもらうためにも、精神・心療内科のドクターの診断書が大切なので安心して休みたいならお願いしてみましょう。

Copyright© 2020 自動車の扱いは病気によっては禁止されていることもある All Rights Reserved.