自動車の扱いは病気によっては禁止されていることもある

サイトメニュー

禁止ではない服用が増えた

ドライバー

安全確保が大切に

自動車運転免許証の必要性を感じる人は、相当数に上るものと思われます。車の運転をしなくても、身分証明証の代わりになることから、持っているだけでも良いと考える人が多いこともその理由と考えられます。また最近では高齢者が起こす交通事故から、免許返納を推進する声も大きくなっていますが、年齢に関係なく病気によっても車の運転をしてはいけない場合が起こります。自動車運転免許証取得もしくは更新の際に、一定の病気や薬の服用と言ったことの質問があり、虚偽の記載を行うと一年以下の懲役、もしくは30万円以下の罰金です。これらに値する病気になるのが、認知症であり統合失調症、更にはうつ病などの精神的な病気や、てんかんや低血糖症などが挙げられています。うつ病になり病院に通うようになると薬の服用をするケースが多くなりますが、薬が起こす副作用の心配があり運転には十分な注意が必要になります。薬を服用したことで眠気を催したり、体に力が入らくなる症状を起こすことも考えら、事故などへの心配も出て来ます。

うつ病と診断され病院に通いながら薬が必要な人でも、車の運転をしても良い場合があります。うつ病患者に処方される薬では以前とし禁止とされているものもありますが、多くは症状を自覚した時には運転をしないこととされているようになりました。うつ病を自覚していても車の運転が必要なケースが多くみられることも、緩和状況になって来たと考えられますが、これは運転を禁止することで抗うつ剤を飲まない人が多く見られたことの反省から起きたものと考えられます。しかしうつ症状がある場合において車の運転だけでなく、全てのものに対しての判断力に問題が起こることが多く、軽い症状であっても心療内科などの病院で診察を受けることが、安全を守ることになると思われます。うつ病早期の時には、ただただ気分が重いだけと考えがちです、誰もが起こることと放っておく人が多くみられます。ですが放っておくことで症状がだんだん悪くなってしまい、中程度で終わるものが重症になりかねません。少しでも異変が続くようであれば、早めに心療内科などで診てもらうことが、良い方法になって来ます。

Copyright© 2020 自動車の扱いは病気によっては禁止されていることもある All Rights Reserved.