自動車の扱いは病気によっては禁止されていることもある

サイトメニュー

男性

周りへの影響

運転中にうつ病の症状が出ることもあるかもしれません。正しい判断を行うことができずに事故を起こしてしまうことがあります。ですから症状が出た時の対処法をしっかりと確認して、すぐに対応できるようにしておくべきでしょう。
ドライバー

禁止ではない服用が増えた

うつ病の人全てが自動車を運転してはいけないことになっていません。薬を服用する場合でも、症状が見られる場合には運転をしないようにするケースが多くなりました。ですがいつ症状が出るとはわかりませんので、早めの治療が望まれます。

薬の種類によっては禁止

カウンセリングを受ける男性

注意するべき点とは

うつ病の人も、薬を飲みながら社会復帰をする人もいることでしょう。そんな人の中には、仕事で車の運転が必要で、薬を飲んでいる状態で運転しても大丈夫なのかと気になっている人もいるのではないでしょうか。車を扱えるかは、抗うつ薬の種類によります。薬の種類によっては、服用すると眠気やめまいを起こすこともあり、車や機械などの扱いを禁止しているケースがあります。このような薬を処方する際には、医師も注意喚起する必要があることから、うつ病患者さんは指導を受けているはずです。しかし、車の運転が生活する上で欠かせない、仕事上、運転の必要があるケースもあり、薬を飲まずに生活をする人もいます。薬さえ飲まなければ大丈夫だと感じるかもしれませんが、うつ病の人が薬を飲まないと判断力が低下してしまい、さらに危険な状態になることもあります。うつ病の治療は、薬の服用だけではないので、別の方法で治療をすることも可能です。自己判断で、薬の服用をやめるのではなく、車の運転をしなければいけないことを担当医師に説明して、適切な治療を受けることが大切です。

うつ病の人が車の運転をすることは、通常の人よりも危険を伴うことがあります。そのため、そもそもこの病気の状態で車の運転をしても大丈夫なのかと疑問を持つ人もいるでしょう。法的には、うつだからといって車の扱いが禁止されているわけではありません。ただ、躁うつ病の場合は、車の運転は禁止されています。うつ病は、単極性うつ病とも呼ばれ、気分がいつも通りの時もあれば、いつもよりも気分が落ち込んだりやる気がなくなったりする病気です。躁うつ病は、双極性障害とも呼ばれ、うつ状態と高揚した状態が交互に起こる病気です。このように、単極性と双極性とでは、症状が全く違います。単極性なら、双極性のように禁止されていないとはいえ、服用している薬や今の状態によっては運転することで危険が伴うこともあります。また、禁止事項には、自動車を安全に扱えないような病気を患っているケースも含まれ、重度の単極性はこれに該当すると考えられます。単極性なら車の運転は禁止されていませんが、場合によっては避ける必要があります。

医者

日常生活で注意すること

うつ病を罹患している場合、車の運転は極力避けたほうがよいでしょう。突然症状が出てしまった場合には、どうすることもできなくなってしまいます。早期に医療機関を受診して完治を目指すことによって日常生活を取り戻すことができます。
運転する女性

安心して自動車に乗ろう

不安や集中力の低下があるうつ病ならば、運転の可否はドクターに判断してもらうのがベストな選択です。ただし、治療方法によって乗れなくなることもあるので、自動車の運転が絶対に必要ならドクターに伝えておきましょう。
診察室

精神・心療内科に聞こう

うつ病には種類がありますが、どれだったとしても症状が軽ければ運転をできる可能性があります。もしも、運転を職業にしている方が重度のうつ病になったのならば、ドクターに診断書を書いてもらい、傷病手当金をもらいながら休職することを考えましょう。

Copyright© 2020 自動車の扱いは病気によっては禁止されていることもある All Rights Reserved.